大きく3種類に分類可能!社員研修の種類を学ぼう

知識獲得タイプの社員研修

大きく3種類に分けられる社員研修のひとつは、知識獲得タイプと呼ばれています。その業界におけるルールや、所属する会社の社訓や慣習、電話応対などの基本的なビジネスマナーを学びます。要するに、これだけは最低限覚えておかないと話にならないということを研修で叩き込むんですよ。基本的に知識を詰め込むだけの研修内容になるため面白みには欠けます。ですから、このタイプの研修をセッティングする側は、受講者たちが常に高いモチベーションを保てるようなアイデア作りが求められるでしょう。

スキル獲得タイプの社員研修

もうひとつの種類の社員研修は、スキル獲得タイプと呼ばれます。たとえば事務職においては会計ソフトなどの使い方、技術職なら機械操作法などの習得、営業職なら報告用のビジネス文書の書き方などを学びます。知識獲得タイプの研修と異なり必ず実技が含まれることが特徴で、効果が表れるまである程度の時間が必要です。研修だけでスキルを完全に習得することはほぼ無理なので、研修後も現場で継続的にスキルを学ぶことになりますが、その際の講師は現場のベテラン社員となることがほとんどです。その性質上、教える側はどうしてもマンネリ気味になってしまいますよね。ですから、常に新鮮さを取り入れられるかどうかが課題となります。

概念習得タイプの社員研修

新入社員に対しては社会人としての心構えを、初めて役職を手に入れた社員に対してはリーダーとしての考え方などを教える社員研修を、概念習得タイプと呼びます。知識獲得タイプに似ているように思われますが、社員それぞれの心がけに任せるほかないという点で異なります。効果が出ているかどうかもはっきりせず、会社側にとっても社員側にとっても難しい研修と言えるでしょう。そのような理由から、このタイプの社員研修を大企業以外が実施しているケースは稀です。

管理職研修では、管理職として組織から求められることを再確認し、組織・業務のマネジメントや部下の育成についての理解を深めます。

事業計画の樹立が肝心!失敗しないための起業の仕方

起業に欠かせない事業計画

起業する上で最も大切になるのが事業計画を樹立することです。誰が見ても経営に成功するだろうと言える事業計画を立てられればまず失敗することはないでしょう。事業計画を練るのには十分に時間をかけることが大切です。少し時間が経ってから見直してみると欠点に気づくことはよくあります。思い立ったが吉日と考えて事業計画を速やかに立てて起業に踏み出すのではなく、まずは一度考えてから少し温めるという気持ちを持つと良いでしょう。

事業計画は書面して保管

事業計画を建てるときには書面にすることが大切です。事業計画書はこれから事業を進めていく上での基本マニュアルとなるものだからです。それに加えて、対外的に事業内容を伝えるために役立つ資料としても活用できます。銀行から融資を受けるための資料としたり、取引先と交渉するために自社を紹介するツールとしたりすることができるでしょう。書面にして保管しておき、コピーを何部か持っておけば必要なときにすぐに使用できます。

事業計画は客観的な評価も重要

起業するときには事業計画について客観的な評価を受けておくのも効果的です。信頼のできる業者に依頼して内容を吟味してもらったり、知人に読んでもらって事業として魅力があるかの率直な意見をもらったりすると良いでしょう。新しい事業の始め方として、自分の主観だけで判断しないようにするのは重要な点です。他人の力を借りるという視点を必ず持ち、最も重要になる事業計画については特に意見を求めるようにして起業に臨みましょう。

フランチャイズは本部と加盟店が協力関係を結ぶことで成立するビジネス手法です。本部は経営ノウハウやブランド力を提供し、加盟店はその見返りとしてロイヤリティを支払う仕組みが特徴です。

仕事の業務効率を簡単にアップさせる方法三選

しっかりとしたタイムテーブルを作る

特に繁忙期等で通常よりも多くの仕事量をこなす必要がある時は、社会人であれば経験があるはず。そんな時は、特に時間にシビアになって対応する事がおすすめです。具体的に言うと、朝仕事を始める時にその日の業務のタイムテーブルをしっかりと作る事です。小さな仕事をしかっかりと時間通りにこなす事を意識して、それを連続的にこなしていけば、多くの仕事量をきっちりとこなしていけます。朝にたてた予定を常に意識して集中する必要があります。

しっかりとした休息をとる

人間の集中力は、いくら努力しても2時間程度で低下していくとされています。つまり休息をとらずに仕事をし続けると、一見沢山の仕事量をこなせるように思われがちですが、集中力の低下によって仕事の質は時間を追うごとに低下していきます。それにより業務上のミスが発生する可能性があがり、結果的に多くの仕事量がこなせなくなります。これを防ぐ為に、集中力が低下しだす2時間程度を目処に、あえて脳味噌をリフレッシュさせる休憩を取るといいでしょう。

昼寝は短期期間で集中力回復

仕事に追われ、多少のリフレッシュだけではどうしても集中力が回復できない場合の対処法として、おすすめは15分程度の昼寝です。長く寝すぎてしまうと、逆に脳がしっかりと休息をとろうとしてしまうので、15分程度の睡眠が集中力の急速回復にお勧めです。とくにお昼の1時頃は、人間体内時計の周期によって脳が休息を取ろうとしますので、その時間帯に昼寝が出来ると、集中力が休息に回復して午後の業務効率のアップにつながります。

ワークフローシステムを導入する際は、申請及び承認機能の充実や、検索機能の速さなどを重視することが肝要です。

ビラ配りは宣伝に効果的です!ポスティングについて

自社製品を宣伝しませんか?

自社製品を宣伝する時にどのような方法で注目されようか困る事はありますよね。そんな時に効果的な方法がビラ配りです。広告を配る事によって、徒歩で生活をしている方に自社製品の広告を直接、渡す事が可能になりますので、確実に目を通してもらえる方法です。そして、それに加えて住宅やオフィスなどにポスティングする事によって、徒歩で生活をしている方だけでなく、地域の方に製品を知ってもらえる宣伝には効果的な方法です。

ビラ配りはどこですれば良い?

ビラ配りは一般的には歩行者が多い道で行う事が最適とされています。徒歩の方が多いと言う事は、それだけで製品を知ってもらえる機会を増やせるのです。そのため、効果的な場所としては歩行者が多い場所です。自社製品を宣伝したい時に、広告を持っているだけでは宣伝を行えません。そのため、出来る限り多くの方に広告を渡せる機会がある歩行者の多い場所が最適です。対照的に歩行者の少ない場所では、広告を渡せる人数にも限りがありますので効果は期待出来ません。

ポスティングも宣伝に最適です

自社製品を宣伝したい場合には、ビラ配りだけではなく、ポスティングも効果的な方法として多くの企業が取り入れている宣伝ですよ。ポスティングの場合には、オフィスや住宅など、ターゲットを決めて配れますので、確実に目を通して欲しい方にだけ宣伝が可能です。ポスティングを行う人材を確保出来ない場合には、業者に依頼する事によって的確にポスティングを行ってもらえますので、人件費などのコストカットも簡単に行える魅力があります。

ポスティングのアルバイトを行う際は、決して配布枚数を誤魔化してはいけません。定期的にチェックされるため、遅かれ早かれ発覚してしまいます。

安心感が魅力!フランチャイズの概要と仕組みを知ろう

フランチャイズの概要を理解しよう

フランチャイズとは、本部と加盟店の協力関係によって成立するビジネス手法のことです。両者の間で取り交わされる契約は、会社と会社員のそれとは異なり雇用契約ではないんですよ。あくまでも対等のビジネスパートナーとしての契約となります。本部は加盟店に対して、商号の使用許可や経営ノウハウや商品提供などを行います。加盟店はその見返りとして一定のロイヤリティを支払う仕組みです。フランチャイズといえばコンビニエンスストアやハンバーガー屋が有名ですが、近年は学習塾やエステサロンなど多くの業種で採用されています。

フランチャイズチェーンを支えるロイヤリティとは

フランチャイズの仕組みを語る上で、最も重要な鍵を握るのがロイヤリティです。ロイヤリティとは、本部が提供するビジネスパッケージ(ブランドネーム利用許可や、ノウハウ供与など)の対価として支払うお金のこと。支払い方は様々で、たとえば売上げ高の一部をロイヤリティとして支払う方式や、売上げに拘わらず毎月一定額を支払う方式などがあります。ロイヤリティ支払いがあるからこそ、本部は貴重なノウハウなどを加盟店に提供出来、加盟店は独自企業に比べて高い生存率を獲得できるんですよ。ただしロイヤリティ支払い方法のなかには、極めて加盟店に不利なものもありますから、参入する際は十分なチェックが求められます。

フランチャイズの仕組みにおいて特徴的な画一性とは

フランチャイズの仕組みにおいて重要となるのがブランド画一性。フランチャイズの目的は全国展開にありますが、その際に求められるのが店舗の外装や商品やサービス内容などの統一です。何故なら店舗ごとにサービス内容がバラバラだと、利用者からの信頼を得られないためです。日本の何処でも同じサービスを提供できる仕組みこそが、フランチャイズチェーンを支えていると言っても過言ではないでしょう。とはいえ日々好みの細分化が進む日本の消費者にとって、統一性が不満材料になりつつあることも事実。統一性を担保しつつ消費者の期待に応えていくことがフランチャイズの責務と言えます。

独立して事業を始めたいと思っているなら、代理店の募集に応募するのも良いでしょう。開業にあたって、本部からの手厚い支援を受けることができます。