安心感が魅力!フランチャイズの概要と仕組みを知ろう

フランチャイズの概要を理解しよう

フランチャイズとは、本部と加盟店の協力関係によって成立するビジネス手法のことです。両者の間で取り交わされる契約は、会社と会社員のそれとは異なり雇用契約ではないんですよ。あくまでも対等のビジネスパートナーとしての契約となります。本部は加盟店に対して、商号の使用許可や経営ノウハウや商品提供などを行います。加盟店はその見返りとして一定のロイヤリティを支払う仕組みです。フランチャイズといえばコンビニエンスストアやハンバーガー屋が有名ですが、近年は学習塾やエステサロンなど多くの業種で採用されています。

フランチャイズチェーンを支えるロイヤリティとは

フランチャイズの仕組みを語る上で、最も重要な鍵を握るのがロイヤリティです。ロイヤリティとは、本部が提供するビジネスパッケージ(ブランドネーム利用許可や、ノウハウ供与など)の対価として支払うお金のこと。支払い方は様々で、たとえば売上げ高の一部をロイヤリティとして支払う方式や、売上げに拘わらず毎月一定額を支払う方式などがあります。ロイヤリティ支払いがあるからこそ、本部は貴重なノウハウなどを加盟店に提供出来、加盟店は独自企業に比べて高い生存率を獲得できるんですよ。ただしロイヤリティ支払い方法のなかには、極めて加盟店に不利なものもありますから、参入する際は十分なチェックが求められます。

フランチャイズの仕組みにおいて特徴的な画一性とは

フランチャイズの仕組みにおいて重要となるのがブランド画一性。フランチャイズの目的は全国展開にありますが、その際に求められるのが店舗の外装や商品やサービス内容などの統一です。何故なら店舗ごとにサービス内容がバラバラだと、利用者からの信頼を得られないためです。日本の何処でも同じサービスを提供できる仕組みこそが、フランチャイズチェーンを支えていると言っても過言ではないでしょう。とはいえ日々好みの細分化が進む日本の消費者にとって、統一性が不満材料になりつつあることも事実。統一性を担保しつつ消費者の期待に応えていくことがフランチャイズの責務と言えます。

独立して事業を始めたいと思っているなら、代理店の募集に応募するのも良いでしょう。開業にあたって、本部からの手厚い支援を受けることができます。