仕事の業務効率を簡単にアップさせる方法三選

しっかりとしたタイムテーブルを作る

特に繁忙期等で通常よりも多くの仕事量をこなす必要がある時は、社会人であれば経験があるはず。そんな時は、特に時間にシビアになって対応する事がおすすめです。具体的に言うと、朝仕事を始める時にその日の業務のタイムテーブルをしっかりと作る事です。小さな仕事をしかっかりと時間通りにこなす事を意識して、それを連続的にこなしていけば、多くの仕事量をきっちりとこなしていけます。朝にたてた予定を常に意識して集中する必要があります。

しっかりとした休息をとる

人間の集中力は、いくら努力しても2時間程度で低下していくとされています。つまり休息をとらずに仕事をし続けると、一見沢山の仕事量をこなせるように思われがちですが、集中力の低下によって仕事の質は時間を追うごとに低下していきます。それにより業務上のミスが発生する可能性があがり、結果的に多くの仕事量がこなせなくなります。これを防ぐ為に、集中力が低下しだす2時間程度を目処に、あえて脳味噌をリフレッシュさせる休憩を取るといいでしょう。

昼寝は短期期間で集中力回復

仕事に追われ、多少のリフレッシュだけではどうしても集中力が回復できない場合の対処法として、おすすめは15分程度の昼寝です。長く寝すぎてしまうと、逆に脳がしっかりと休息をとろうとしてしまうので、15分程度の睡眠が集中力の急速回復にお勧めです。とくにお昼の1時頃は、人間体内時計の周期によって脳が休息を取ろうとしますので、その時間帯に昼寝が出来ると、集中力が休息に回復して午後の業務効率のアップにつながります。

ワークフローシステムを導入する際は、申請及び承認機能の充実や、検索機能の速さなどを重視することが肝要です。