事業計画の樹立が肝心!失敗しないための起業の仕方

起業に欠かせない事業計画

起業する上で最も大切になるのが事業計画を樹立することです。誰が見ても経営に成功するだろうと言える事業計画を立てられればまず失敗することはないでしょう。事業計画を練るのには十分に時間をかけることが大切です。少し時間が経ってから見直してみると欠点に気づくことはよくあります。思い立ったが吉日と考えて事業計画を速やかに立てて起業に踏み出すのではなく、まずは一度考えてから少し温めるという気持ちを持つと良いでしょう。

事業計画は書面して保管

事業計画を建てるときには書面にすることが大切です。事業計画書はこれから事業を進めていく上での基本マニュアルとなるものだからです。それに加えて、対外的に事業内容を伝えるために役立つ資料としても活用できます。銀行から融資を受けるための資料としたり、取引先と交渉するために自社を紹介するツールとしたりすることができるでしょう。書面にして保管しておき、コピーを何部か持っておけば必要なときにすぐに使用できます。

事業計画は客観的な評価も重要

起業するときには事業計画について客観的な評価を受けておくのも効果的です。信頼のできる業者に依頼して内容を吟味してもらったり、知人に読んでもらって事業として魅力があるかの率直な意見をもらったりすると良いでしょう。新しい事業の始め方として、自分の主観だけで判断しないようにするのは重要な点です。他人の力を借りるという視点を必ず持ち、最も重要になる事業計画については特に意見を求めるようにして起業に臨みましょう。

フランチャイズは本部と加盟店が協力関係を結ぶことで成立するビジネス手法です。本部は経営ノウハウやブランド力を提供し、加盟店はその見返りとしてロイヤリティを支払う仕組みが特徴です。