外注先として魅力あります!販売は外部に任せましょうよ

セールスは委託しましょう

せっかく良いものを開発しても売れなかったら意味ないですよね。そこで、経理や総務を外注するのと同じ要領で営業事業を委託するとよいですよ。営業代行会社に依頼するわけですが、極端な話依頼して全く売れなかったら発注元は出費ゼロで済むわけですから、かなりお勧めです。営業代行会社はもちろんセールスのノウハウを十分取得しており、経験豊富なスタッフしかいないので安心してくださいね。まずはいろんな会社を調べてみるとよいでしょう。

売るだけじゃないんですよ

営業代行会社のスタッフは製品やサービスを販売したりアポイントをとるだけではないんですよ。マーケティングも代行会社は行いますが、それに関して費用はもらってないところが多いんですよね。また、実際のところ委託元の会社の営業戦略の立案を手伝ったりもしてくれるんですよ。定期的にお客さんや見込み客を訪問してお客さんとの関係を強化してくれます。長期的に付き合いをできる別のパートナーを見つけてくれたりもするんですよ。

様々な観点でアドバイスしてくれますね

とにかくスピーディに成長したいと思っているベンチャー企業の社長ほど代行会社に依頼した方が良いですね。小規模な会社だったら経営に関する助言もできる代行会社は多いので、会社の方針をどうするのか迷った時には声をかけてみましょう。なにも日本の会社だけでなく国外から来ている外資系の会社のセールスも代行できますから、日本に上陸して間もない会社ほど代行した方が良いですね。営業スタッフの育成もしている代行会社も多いので、研修のみ発注することもできますよ。

営業代行を利用することで、企業は本業に経営リソースを集中させることができます。また新興企業においては依頼を通じて営業ノウハウを短期間で獲得可能です。